【総括】四国ドライブ旅(2020/7/29~8/3 の5日間)の総括


2020年7月29日から8月3日(5泊6日)の四国旅の総括

今回の四国旅のメインテーマ

・山犬嶽(徳島)と笹倉湿原(愛媛)の四国二大苔天国へのトレッキング
・祖谷渓(徳島)20年以上ぶりの再訪
・仁淀ブルー探訪(高知)
・日本のウユニの異名を持つ「父母が浜」(香川)
・シダに覆われた「伊尾木洞」(高知)
・印象派の画家モネのふるさとを再現した北川村「モネの庭マルモッタン」(高知)
・ダイナミックな奇岩地帯「竜串海岸」(高知)
・日本のランペトゥーザ島ともいわれる「柏島」(高知)
・一番海に近い駅で有名な「下灘駅」(愛媛)
・苔庭で有名な喫茶「こけむしろ(苔筵)」(愛媛)
・四国が誇る天空の道「UFOライン(瓶ヶ森林道)」(愛媛)

以上、主に11件の訪問がテーマでしたが
想像以上に四国は広く、山道が多く狭く予定通りに走り回れなかったため、下灘駅と喫茶こけむしろはあえなく今回はキャンセルしました

そして今回もサブテーマ

・うどん県香川の本場のうどんを実食
・香川のもう一つのソウルフード「骨付鳥」実食
・徳島、高知、愛媛のご当地・B級グルメの発掘
・Go To キャンペーンを利用してお得な宿泊

でした

Go To キャンペーンはまだはじまったばかりで
どの宿も勝手がイマイチという感じでしたが
とりあえず事後申請の手間がありながらも結果的にお得に泊まれて嬉しいです

国からいただいた給付金を有効に使い、国の制度にありがたく乗っかって地域経済へ微力ながらお金を落としてきました

四国の苔、トレッキングやドライブにご興味のある方の参考になれば幸いです
 

旅の訪問スポットMAP

マークをクリックすると名称等が表示されます。「←」をクリックすると元の画面に戻ります

 

訪れた主な観光スポット Visited scenic spots

山犬嶽 Yamainu-dake in 徳島県 Tokushima pref, Japan
山犬嶽 Yamainu-dake in 徳島県 Tokushima pref, Japan

【香川県 Kagawa pref】

01. 父母ケ浜 Chichibu ga hama beach
 

【徳島県 Tokushima pref】

02. 山犬嶽 Yamainu-dake mountain
03. 祖谷のかずら橋 Iya-no-Kazurabashi(vine bridge in Iya Valley)
04. 奥祖谷の二重かずら橋 Okuiya-no-niju-Kazurabashi(Double vine bridge in Oku-Iya Valley)
05. ひの字渓谷 “ひ” of Japanese Hirakana letter-shaped Valley
06. 善入寺島のひまわり畑 Sunflowers field of Zennyuji-tou
 

【愛媛県 Ehime pref】

07. 笹倉湿原 Sazou Shitsugen Marshland
08. UFOライン(瓶ヶ森林道) UFO Skyline(Kamega-mori forest road)
 

【高知県 Kouchi pref】

09. 伊尾木洞 Ioki-Cave
10. モネの庭マルモッタン Monet Marmottan in Kitagawa village
11. 安居渓谷(仁淀ブルー) Yasui Valley in Niyodo-cho town
12. ニコ淵 Niko-buchi from Niyodo river
13. 竜串海岸 Tatsukushi coastline
14. 柏島 Kashiwa-jima peninsula
 

以上、14スポットの訪問でした
 

ついでに、今回タイムオーバーで逃したのは

・大塚国際美術館(徳島)・・・NHK紅白で米津玄師さんが歌ったシスティーナ礼拝堂のレプリカのある美術館
・中津渓谷・・・仁淀ブルーの双璧
・むろと廃校水族館・・・廃校になった小学校をリノベーションした異色の水族館
・瓶ヶ森登山・・・石槌山系の尾根を上から見たかった
・祖谷の小便小僧・・・車で通り過ぎたけど写真撮れなかった
・脇本海岸・・・高知県の知る人ぞ知るウユニ的なビーチらしい
・喫茶「こけむしろ(苔筵)」・・・四国屈指の苔庵らしい
・下灘駅・・・海の見える駅としてドラマや映画でも引っ張りだこの駅

以上8ヶ所、まぁ、5泊6日では欲張りすぎましたね…
 

<宿情報>

今回宿泊したところは「Go To トラベルキャンペーン」適用の宿のみ
※9月までは35%OFFのみで、OTA(予約サイト等)通してない宿は要事後申請

GoToキャンペーン事後申請用の宿泊証明書
GoToキャンペーン事後申請用の宿泊証明書
  1. 【香川】ゲストハウス屋島 Guesthouse Yashima
     ┗ 1泊個室2,880円、素泊まり。GoToは要事後申請。民泊に近い普通の民家で庭先の無料駐車場あり、かなり細い路地の住宅地
  2. 【徳島】スーパーホテル阿南・富岡 光まちの湯 Super Hotel Anan-Tomioka
     ┗ 1泊シングルルーム5,130円、お弁当の朝食付。GoToは要事後申請。徹底した効率化、最新設備ですこぶる快適、天然温泉大浴場は15時~翌朝9時半まで入浴可。広い駐車場無料
  3. 【徳島】民宿旅人宿 Minshuku Tabibitoyado
     ┗ 1泊和室3,500円、素泊まり。GoToは要事後申請+三好市独自の2500円割引クーポン有り(限定)。昭和を感じる古い作り、共用風呂・トイレ、共同キッチン。目の前が吉野川。現金払いのみ。駐車場無料
  4. 【愛媛】ホテル玉の家西条 Hotel Tamanoie Saijo
     ┗ 1泊個室3,770円、素泊まり。GoToは割引済み。昔ながらのビジネスホテル、駐車場は有料(200円)、狭い。伊予西条駅目の前。「鬼滅の刃」「キングダム」「ワンピース」などの漫画読み放題
  5. 【高知】ホテルココモ Hotel Kokomo
     ┗ 1泊個室3,107円、素泊まり。GoToは割引済み。快適なビジネスホテル、大浴場は深夜1時まで。駐車場無料。漫画などの読書ルーム有り、レンタサイクルなどサービス充実

 

<利用したおすすめご当地グルメ店>

安芸ちりめん食堂 in 高知県
安芸ちりめん食堂 Aki-Chirimen-Shokudo restaurant in 高知県 Kouchi pref
  1. 【香川・骨付鳥】一鶴 中府店
     ┗ 骨付鶏の発祥のお店!テイクアウト可。オーダーして10~15分ぐらいで持ち帰り可。店内広々、駐車場は割と狭い、店員さんとても親切
  2. 【香川・うどん】手打ち十段うどん バカ一代
     ┗ 高松で今一番ホットと話題!早朝6時からオープン、朝は混んでない。駐車場有り(あちこち散らばってる)。1杯250円~
  3. 【高知・釜揚げしらす】安芸しらす食堂
     ┗ 行列のできるちりめん丼の名店!駐車場広め、11時~15時半営業、1階は待合室兼おみやげ売り場、2階が食堂(相席テーブル)。食後の挽きたてコーヒー、紅茶セルフ

 

旅行費用総括 balance of travel payments

5泊6日間の 総コスト ¥85,900 (航空券、その他事前準備、成田アニメデッキでのお茶代などあらゆる諸費用含む)

ここから、Go To などの割引を差し引くと、実質総コスト ¥76,890となります

(1日平均約12,800円)
 

【科目別】

今回はレンタカーの1日料金がいつもに比べて割高だったためコストアップしたのかも

交通費   57,087円(全体比66.5%)
通信費   0円(同比0%)
施設利用費 1,280円(同比1.5%)
宿泊費   15,788円(同比18.4%)
食費    11,351円(同比13.2%)
その他雑費 394円 (同比0.5%)

★「その他雑費」には「LINEほけん」の「国内あんしん保険」に加入していきました(携行品損害を付けるため)※スマホアプリからしかアクセスできません
 

航空券 Air】

  • 成田 Tokyo Narita ⇒ 高松 Takamatsu (ジェットスター往復 ¥15,800円
     ┗ 内訳:{基本片道運賃(エコノミークラス「Starter Plus」)6,890円+諸税390円+決済手数料1,240円}×2=往復15,800円(税込)

 

レンタカー Rental Car】

TOYOTA の軽自動車 ピクシス by Budget レンタカー 四国高松空港店
TOYOTA の軽自動車 ピクシス by Budget レンタカー 四国高松空港店
  • バジェットレンタカー 6日間 軽乗用車(TOYOTAピクシス) 24,760円
     ┗ ノン・オペレーションチャージ免責込み任意保険(3,850円)保険代込
     ┗ 6日間の給油合計 7,199円(1日平均約1,200円)
     ┗ NEXCO西日本高速代 合計5,530円

 

主な施設使用料 Entrance fees of Scenic spots】

※今回はほとんど無料の観光スポットばかり訪れてました。以下の2箇所のみ支払い

 

<特記事項>

  • 滞在期間中の宿泊は5泊、Go TO トラベル適用宿泊施設のみ利用(基本的に割引前価格を立替払)
  • 割引があるとはいえ、基本一泊3,000~5,000円を目安に検索(基本素泊まり、駐車場無料)
  • 原則、1日1食はご当地グルメでフンパツ(1,000~3,000円内)、それ以外は道の駅やコンビニ食
  • 時間の効率化のため、高速/有料道路は適宜利用
  • 基本的にセルフガイド、トレッキング

—–

さて、今回の旅の反省を踏まえて、次回に活かしたい教訓は

  • 北川村「モネの庭」訪問は午前中早くかつ春が望ましい
  • 祖谷渓、大歩危・小歩危、ひの字渓谷は紅葉シーズンに期待
  • 仁淀ブルーは天気の晴れた午前がいい(午後は太陽の方角的に陰って暗い)
  • 柏島訪問は天気の晴れた午前、漁船が浮かんでいるときがいい
  • 竜串の見残し海岸訪問は余裕を持つ(グラスボートに1時間最低必要)
  • ENEOSのエネキー持参(ENEOS給油スタンドが多い)

などでしょうか

個人的に正解だと思ったのは
はじめて国内旅行保険(LINE保険)に掛けて行ったことでした

普段は海外が多いのでクレジットカードの付帯保険で賄っていましたが
カードの付帯保険って国内は携行品損害付帯してないこと多いんですよね

なのでそれを補填するために別途保険かけていき、
例のごとく、まんまとカメラとスマホ壊しました(←注意力散漫)

保険が効いた上で安心して修理ができて満足です
次回も国内旅行には掛けていきたいと思います

終わり
 

ご清聴ありがとうございました