【旅先で知る「へぇ~」雑学 vol.013】バラマキ土産に最適の現地スーパーマーケットが便利

New!


vol.013 バラマキお土産に最適の現地スーパーマーケット

コストコ COSTCO スーパーマーケット supermarket
会員制倉庫型スーパーのCOSTCO Mayumi

楽しかった旅も終盤

さて、そろそろ頭を悩ませるてくるのが
会社、家族、友達にご近所、親戚まで
お世話になった人への旅土産の調達

ほんの数名程度なら
少々お高くても
観光地土産や空港のショップがお手軽便利

けれど数が多いと出費もかさむ
せっかく旅をリーズナブルに仕上げたのに
最後の最後で大きな出費は財布がイタイ
何よりチャッチャと済ませたい

そんな願いを割とあっさり解決するのが現地のスーパーマーケット

考えてもみてください
日本のスーパーマーケットだって
ご当地グルメから一般のお菓子まで、安くて意外に品揃え豊富

空港で売っていそうな同じアイテムも
庶民価格で、時に平積み特価で売ってたりする

それは海外でもまったく同じで
現地には現地の大手スーパーや
大手スーパーがなければその辺のミニスーパー
あるいはセブンイレブンなどのコンビニでも
ご当地土産がバラエティに富んでリーズナブルに売られている事が多い

最近では定番の技なので
知ってる人も多いと思いますが、念の為

ぜひ海外を訪れたときお土産物選びに困ったら
迷わず現地スーパーを探して訪れてみてください

個人的に旅先でよく見かける
あるいは利用するスーパーマーケットは…

世界最大手Walmart(ウォルマート/本拠地:米国)

Wallmart ウォルマート Logo

格安と品揃え豊富さは売りだけれど
クオリティとかサービスとかの評判はあまり良く聞こえてこない…
 

日本でも会員制で知られるCOSTCO(コストコ/本拠地:米国)

COSTCO コストコ Logo

バラマキ土産を購入するならイチバン、という評判を聞きます
(わたし自身は会員ではないので入ったことないです・汗)
 

日本にもあるCarrefour(カルフール/本拠地:フランス)

Caffefour カルフール Logo

旧フランス領のタヒチだったかEU諸国だったか
カルフールを利用した記憶があります
品揃え豊富で助かりました
 

旧イギリス領でよく見かけるTESCO(テスコ/本拠地:イギリス)

TESCO テスコ Logo

本拠地イギリスでは行ったことないけど
ニュージーランドで訪れた記憶が
やっぱり他のスーパーより品揃えは豊富で安い
夜間営業も助かった
 

アメリカやオーストラリアに多いSafeway(セイフウェイ/本拠地:米国)

Safeway セイフウェイ Logo

結構、米国郊外やオーストラリアで定番
巨大ではないですが中堅で
リーズナブルで便利
 

ドイツと言えばここらしいMETRO(メトロ/本拠地:ドイツ)

METRO メトロ Logo

ドイツで行った記憶はないですが
日本にも支店があるそうですヨ

—–

他にはものすごくピンポイントですが、

マニラ・セブでは絶対ここ!SM Hypermarket(エスエム・ハイパーマーケット/本拠地:フィリピン)

SM supermarket Logo

フィリピンでは唯一無二の大手スーパー
大量仕入れによりどこよりもリーズナブルで安く
品揃え豊富
フィリピン土産は基本ここでしか買ってません
 

ベトナムダナンはここ!Big-C(ビッグ・シー/本拠地:ダナン)

ベトナム ダナン スーパーマーケット Vietnam Danang supermarket

ハン市場よりコン市場より
クオリティ、品数、価格
どれをとっても安心です
 

南アフリカ・ケープタウンならここ!Pick n Pay(ピックンペイ/本拠地:南アフリカ)

Pick n Pay ピックンアンドペイ Logo

そんなに数は多くないのですが
どのスーパーやショップよりも品数豊富で
何よりリーズナブル!
南アワインやチョコ、コーヒーなどおすすめ
 

国によって地域によってもっともっとあるのは知っていますが
とりあえず思いついた限りで
今回は雑な考察でごめんなさい

今度機会があればちゃんとリサーチして
まとめてみたいと思います

余談ですが、
中国旅では基本お土産を買って帰りません

なぜかというと、
会社の同僚も、友人も、まして身内ですら
どんなにちゃんとした店で買ったと申し添えても
いぶかしみ疑い、口にするのを躊躇するのです

まぁ、そう思われても仕方ないですが、
喜んでもらえないものを
時間をかけて選ぶのは労力もお金も無駄なので

「そういうことだからお土産なしね」

で割り切って会社へすら買わなくなりました

ある意味非常に楽です

終わり