テレビ東京放送 WBS「日本全国この世の地獄ランキング2017」

昨日(2017年11月22日)放送
テレビ東京(通称テレ東)のWBS(ワールド・ビジネス・サテライト)

たまたまぼんやり眺めていたら
白熱!ランキング」コーナーで
日本全国この世の地獄ランキング2017」なる
実に興味深いテーマランキングをしていたので
勝手にメモって深掘り開始
せっかくなのでご紹介

タイで見てきたタイの「地獄」を
同じ仏教でもどう違うのか
気にしながら見てみたい

WBS白熱!ランキング~日本全国この世の地獄ランキング2017

今、日本でも「地獄」がちょっとしたブーム

神社・仏閣よりも
地獄を体感できるテーマパークや冥土スポット
美術書、漫画に地獄イラスト
そんなものが流行っているらしい
世の中何がブームになるのかわからない

非日常の空間で
心臓バクバクハラハラドキドキ
スリルを通した一種の現実逃避が快感なのか
はたまた己の罪深さを地獄で裁かれたいのか

地獄って楽しむものではない気がしますが
まぁ、そんなことも娯楽で受け入れちゃう
その柔軟性と調子の良さが日本人のいいところだよね

1位 別府地獄めぐり(大分県別府市)

「海地獄」「血の池地獄」「龍巻地獄」「白池地獄」「鬼石坊主地獄」「鬼山地獄」「かまど地獄」
以上7つが別府名物「地獄めぐり」

1000年以上も昔から忌み嫌われ
今よりもっと信心深い村人からは
噴気・熱湯・熱泥のおどろおどろしい風景が
地獄に見えたところがはじまり

今では立派な別府観光の筆頭に
温泉・足湯も楽しめますよ!

大分県 別府温泉 地獄めぐり 血の池地獄 Chinoike-Hell Beppu
別府温泉地獄めぐり 血の地獄 Photo by Mayumi

個人的には
お土産物で売られていた「地獄Tシャツ」が
現代社会を如実に反映していてツボにハマッた

大分県 別府温泉 地獄めぐり 血の池地獄 Chinoike-Hell Beppu
血の池地獄名物「毎日が地獄です」Tシャツ Photo by Mayumi

<参考情報>
別府地獄組合「別府地獄めぐり

2位 立山地獄(まんだら遊苑)(富山県立山町)

「曼荼羅」とは仏の悟りの境地であり宇宙の真理そのもの

そのすごさは2次元の世界だけでは伝わらない!
立山三山(雄山・浄土山・別山)その他総動員で
「立山曼荼羅」を全身で感じてもらいたい!

という熱い想いでできたのが「まんだら遊苑」

今では子どもの教育の場としても大人気?で
前年比2割増しとのこと
閻魔様様ですね

… 気味が悪い場所。 #地獄#地獄体験 #まんだら遊苑 #曼荼羅 #富山#立山#珍スポット

shiori☺︎さん(@shiori6937)がシェアした投稿 –

なお当苑は12月1日~翌年3月31日の期間、冬季休苑するとのこと。訪問の際はご注意を。

<参考情報>
富山県[立山博物館]「まんだら遊苑

3位 千本えんま堂(京都市)

正確には「千本えんま堂 引接寺」
読み方は「いんじょうじ」
住所は「京都市上京区千本通鞍馬口下ル閻魔前町34」
まさに閻魔様のおわすところ

怖い顔した閻魔様は
決して地獄界のドンではなく

亡くなった魂を
どこへ行かせるか地獄の沙汰を下す心正しき裁判官

「嘘をついたら舌引っこ抜くぞ」と
コワモテ形相で相手をビビらせ本音を吐かせる
一昔前のやっさん刑事(デカ)のよう(←今もいる?)

instagramでふれられているように
毎月16日は「ゑんま様の日」
ご開帳により閻魔様のお顔を拝めますよ

<参考情報>
千本えんま堂 引接寺「本尊閻魔法王」
千本ゑんま堂大念佛狂言保存会「ゑんま堂狂言

4位 賽の河原(新潟県佐渡市)

親に先立ち亡くなった子の魂が
さまよい集まる場所が「賽(さい)の河原」

そんな子が親の供養のために石を積み塔を作る
それを非情な鬼が破壊し徒労に終わる
(なので「賽の河原」は「無駄な努力」のたとえでもある)

しかし最後は地蔵菩薩が子を救い塔を完成させる

という哀しく重苦しい想いで満たされた賽の河原
結構日本全国に散らばっています
(恐山の方が有名だと思った…)

#佐渡島 #賽の河原 #仏像

Koharu Watanabeさん(@koharu.w)がシェアした投稿 –

一木一草一石、何一つ持ち帰ってはなりません。
必ず不幸に見舞われると言い伝えがあるとか。ご注意を。

<参考情報>
さど観光ナビ「賽の河原」
Wikipedia Japan「賽の河原

5位 登別地獄谷(北海道登別市)

北海道随一の人気温泉街「登別」
ここにも噴気孔や煮えたぎる湯の池に
鬼の棲み処を見立てた地獄谷が

日和山の噴火活動によりできた爆裂火口跡は
直径約450m、総面積は約11ヘクタール

#登別 #のぼりべつし #登別地獄谷

林于珊 임우산さん(@susan26610)がシェアした投稿 –

実は登山道は夜21時半頃まで点灯しており
鬼火の路」として
かなりロマンチックムードが味わえるとのこと
恋人たちは噴気のごとくより熱々になること請け合い

<参考情報>
一般社団法人登別国際観光コンベンション協会「登別地獄谷

6位 六道珍皇寺(京都市東山区)

昔日本史で「古事記」を学んだとき
冥界への入口は、日本神話の舞台・出雲の近くにある
黄泉平坂(よもつひらさか)だと思っていたが

ここ大阪にも冥土の入口があった
それが「六道珍皇(りくどうちんこう)寺」

「六道」とは仏教の教義でいう
地獄道・餓鬼(がき)道・畜生(ちくしょう)道・修羅(しゅら)道・人道・天道の六種の冥界をさす
平たく言えばあの世とこの世の境目だ
それを「六道の辻」という

遣隋使・小野妹子を祖にもつエリート家系に生まれ
頭脳明晰イケメンダンディー(という言い伝え)の
小野篁(おののたかむら)が
六道の辻にある「冥土の井戸」を通じて冥界を行き来し
閻魔大王のサポートをしていたという伝説

閻魔様の地獄よりもむしろ
この小野篁の魅力で詰めかけるおばさまたちが多いらしい

<参考情報>
六道珍皇寺「六道の辻

7位 太宗寺(東京都新宿区)

東京にも実はあった閻魔堂

江戸の入口を司った新宿のまち
悪いものが入ってこないよう願いを込めて建立し
以来、「内藤新宿のお閻魔さん」として庶民の信仰篤く
1月と7月の16日には縁日も開催されていたとのこと

高さ5.5mもの巨大木造の閻魔像は
震災の憂き目に遭い
頭部を残して他は何度も修復されたもの

Big Yama wooden statue at Taisoji. 太宗寺閻魔像。 #japan #taisoji #yama #woodenstatue #shinjuku #閻魔 #太宗寺 #新宿

Tomoyukiさん(@tomoyuki_arase)がシェアした投稿 –

現在は毎年お盆の7月15・16日にご開帳され
直にご尊顔を拝めますよ

<参考情報>
一般社団法人新宿観光振興協会「大宗寺」
Wikipedia Japan「大宗寺

8位 野中山 全興寺(大阪市平野区)

今から1300年以上も昔
かつての日本の一万円札を飾った
あの聖徳太子の時代が創建というほど歴史ある古刹

しかし閻魔大王のおわす地獄堂には
ドラを叩くと大王がしゃべりだし
地獄の様子が映像で映し出されるという
意外にハイテク
(地獄堂自体は1980年代に建てられた比較的新しいもの)

#大阪 #平野区 #平野本町 #全興寺 #地獄堂 #閻魔大王 #参拝 #Date #御朱印 #携帯で撮影 #めちゃ楽しかた #ここわ行くべき

♥*+.Airi tan.+*♥さん(@chanel_0277ezweb.ne.jp)がシェアした投稿 –

増え続ける中高生のいじめや自殺に心を傷めた住職が建てた地獄堂
閻魔様が最後に語る「命を大切に」の言葉の重みをかみしめるように!

<参考情報>
一願不動薬師堂 全興寺「地獄堂」
Wikipedia Japan「全興寺

9位 川原毛地獄(秋田県湯沢市)

川原毛(かわらげ)地獄は
青森県の恐山・富山県立山と並ぶ日本三大霊地の一つ

草木も生えない灰白色の山肌
そこから立ち上る無数の噴気
グツグツ煮えたぎる温泉
立ち込める高濃度の硫黄臭
そこはまさに地獄

ちなみに名物の川原毛大湯滝は
全国的にも世界的にも珍しい湯の滝
天然の露天風呂です

#川原毛地獄#地獄なりとも美しき

kanaoさん(@kanao01)がシェアした投稿 –

なお、冬季は完全通行止め、11月上旬~5月上旬まで閉鎖されるのでご注意を
ちなみに携帯電波は「まれに」つながるそうです

<参考情報>
秋田県湯沢市役所「川野毛地獄

10位 大涌谷(神奈川・箱根町)

現在も火山活動を続けている箱根山連山

2015年春、大涌谷の火山活動が急に活発になり
警戒レベル引き上げと大涌谷の立入に規制が敷かれて
箱根のまちが閑散としたのは記憶に新しいところ

とはいえ
あのグツグツ煮えたぎる地獄湯で茹でた
くろたまごはやはり格別

一度は激減した観光客も今ではすっかり元に戻っているとか

文字通り、“地獄”を見た地元の人々は
それでも見事に復活を果たす
箱根はそれだけ日本に愛された土地なんですねぇ

<参考情報>
奥箱根観光株式会社 大涌谷くろたま館「大涌谷を知る」
箱根ロープウェー「大涌谷の観光

総括

日本でいう「地獄」のイメージは
鬼が棲むようなグツグツ煮えたぎる温泉や
噴気上がる殺伐とした山々

かたや地獄の門番を司る閻魔大王を崇め
魑魅魍魎の鬼や奪衣婆(だつえば)を従え
「嘘をつくと地獄へ落とすぞ」と凄む

要するに、地獄の先を具体的に見せない

この辺は日本特有の「多くを語らずして察する」「臭いものには蓋」的な国民性ゆえんだろうか
昔々の「地獄草紙」を見ても、あんまりおどろおどろしさがない
今も昔もストレートすぎる表現は好ましくない

真逆に位置するタイの
「これぐらい見せとかないと普通わかんないだろ」的な
ストレートすぎる地獄の表現は
確かに子どもの教育的指導に効果抜群だよね

というわけで
地獄特集でした

ご清聴ありがとうございました

最後におまけの世界の地獄から

< Door to Hell(地獄の門) トルクメニスタン・ダルワザ>

40年以上燃え続ける天然ガスのクレーター

トルクメニスタン 地獄の門 Turkmenistan A Door to the hell
Photo by Mayumi

<Danakil Depression ダナキル砂漠 エチオピア・アファール>

極彩色の高濃度の硫黄溶岩地帯 気温40℃以上の灼熱地獄

エチオピア ダナキル砂漠, Ethiopia Danakil dessert
Photo by Mayumi

<Kawah Ijen カワイジェン火山 インドネシア・東ジャワ>

寿命縮める高濃度の硫黄煙と骨まで溶かす高濃度の強酸性溶岩湖

インドネシア カワイジェン Indonesia Kawah-Ijen
Photo by Mayumi

【Special Thanks】

参考にさせていただいた「凛凛日和-50代おひとりさまを生きるブログ」と各インスタグラマー様には深くお礼申し上げますm(_ _)m







About tabinomori 347 Articles

地球のふしぎ、世界の絶景をご紹介!旅に役立つお得な情報もお届け!
I’ll let you know a variety of mystery world and breathtaking views in the world ! I tell you the tips of traveling!