イラン・ゲシュム島についての情報メモ

イラン・ゲシュム島と聞いても、たいていの人は「それ、どこ?」ではないでしょうか。
Qeshmと書いて「ゲシュム」と読む(ケシュムという人もいるらしいけど、一般的には「ゲシュム」)

ただでさえイランという国は、ISとかイスラム過激派とかで物騒なイメージで敬遠されがち。しかし、実は21件世界遺産が登録されているほど立派な観光立国。ペルシア文化にさかのぼればペルセポリス、宗教文化は壮麗なモスク、広大な砂漠もあったりゲシュム島のカッパドキアや大自然と実に多彩。

人も、なぜか特に日本人は気に入られている。どこにいてもガン見は当たり前、ときどき突如サインや握手、記念撮影も求められるほどの人気ぶり。理由はよく分からないものの、「チャイニーズか?」と聞かれて「ジャパニーズだ」と答えるとたいてい皆笑顔がほころんでフレンドリーになる(この反応はイランに限らず万国共通だけど)。

そんなわけで、イランを訪れてイヤな想いをした人はあまり聞いたことがない。物価も安いし、人はやさしいし、見どころ満載だし。

ゲシュム島はイランの中でも特に目立たない存在だが、実はかつて世界ジオパークの一員でもあった立派な観光の島(インフラ未整備で今は取消状態)。しかも、貿易自由特区なのでドバイ経由で直行便で入れば外国人はビザ不要という特典付き!あのしちめんどくさいビザ申請が不要というだけで魅力。

というわけで、今回ゲシュム島の記事を書くあたり集めた情報源を以下にまとめておくので、是非旅行の参考まで。

場所

首都テヘランから約1,400km、シラーズからは約540km南東に下ったところにある、ペルシア湾に面し、ホルムズ海峡上に浮かぶ小さな島。
大きさは東京都23区ぐらい。

総合情報

  • ゲシュム観光公式ポータルサイト「Qeshm Tours」(日本語)
       ┗ 世界ジオパーク登録後におそらく作成されたサイト。非常にわかりやすく情報豊富。ビザ不要の記載あり
  • The Culture Trip「The Top 10 Things To Do And See In Qeshm(2017/2/9更新)(英語)
       ┗ 世界のトピックスを集めたポータルサイト。ゲシュム島の訪れるべき10スポットを紹介
  • Wikipedia「Qeshm」(英語)
       ┗ 島の概況(地理・歴史・経済等)が端的にまとめられている
  • Information Technology Scientific Association/Salman Farsi University「QeshmEcoTourism.com
       ┗ おそらくイランの大学研究機関が運営しているサイト。ゲシュム島の概要あり(更新なし)
  • 日本イラン広場「ゲシュム島」(日本語)
  • 旅の専門店連合会/エジプト旅行専門店・トラベルハーモニー「イランの穴場的な観光地“ゲシュム島”」(2016/11/17配信)
       ┗ 中東専門旅行社によるかんたんなゲシュム島紹介。

その他観光情報

世界ジオパーク関連

  • 世界ジオパーク・ゲシュム島公式ポータルサイト「GEO PARK QESHM ISLAND」(英語)
       ┗ 世界ジオパーク登録後に作られた英語のサイト。島の成り立ち、見どころ、調査研究結果などダウンロード可能。
  • 日本ジオパークネットワーク「ジオパークとは何ですか?
       ┗  “そもそもジオパークって何?”という素朴な疑問に分かりやすくお答え

ビザについて

ゲシュム島へのフライト

以上、参考になれば幸いです。