刺さないクラゲのパラダイス!ジェリーフィッシュサンクチュアリに関する情報メモ

フィリピン ミンダナオ ブカスグランデ島 ジェリーフィッシュサンクチュアリ Philippines Mindanao Bucan Grande island Jelly fish sanctuary
Jellyfish Sanctuary in Bucas Grande island, Surigao de sur, Mindanao, Philippines Photo by Mayumi

刺さないクラゲがいる(Stingless Jellyfish)

そんなワクワクする情報を得て出かけた
フィリピン・ミンダナオ島北部
ブカスグランデ島という聞いたこともない小さな島の
ソホトン国立公園内にそれはあるという

「ジェリーフィッシュサンクチュアリ」
海と隔絶された天然プールに膨大なクラゲが生息する

しかし、よりによって日本語の情報が一つもヒットしない
フィリピン人による英語の旅行系メディアやブログでちらほら見かける程度

というわけで
興味が湧いちゃった人のために
行き方など情報まとめておくのでご参考ください

Bucas Grande islandの所在地 location Map

フィリピン最大の島ミンダナオ島の北東部に位置します
Socorro, Surigao Del Norte, Philippines Bucas Grande Island
+63 910 284 8459(ソコロ観光局直通)
Socorro Tourism Office Facebook

ちなみに反政府ゲリラやイスラム過激派の潜伏地として悪名高いミンダナオ島
その舞台は西部なので、
今回の島は「危険レベル2(不要不急の渡航は止めてください)」の場所なのでご安心ください

外務省 危険情報 フィリピン Ministry of Foreign Affairs of Japan Oversea safety map
Philippines Safety Map by 外務省情報(2018年2月17日現在) Ministry of Foreign Affairs of Japan

Socorroまでのアクセス How to get to Socorro

観光拠点となるのは島の中心ソコロ Socorro

1.まずはスリガオシティへ向かおう To Surigao

飛行機でマニラorセブからスリガオSurigaoへ
 セブ・パシフィック(Cebu Pacific) Manila-Surigao(1日2便/月曜運休)、CEBU-Surigao(毎日一便)
 フィリピン航空  Manila-Surigao(毎日6便)、CEBU-Surigao(毎日一便)

セブあるいはレイテ島Maasinなどからフェリーでスリガオへ
  ┗ Cokaliong(コカリオン) Cebu→Surigao 月・火・水・木 19:00am発 825ペソ~
  ┗ Medalion Cebu→Surigao 月・水・金 20:00発 825ペソ~

2.次にスリガオシティからソコロへ移動 Surigao City→ Socorro

Surigao city Socorro Access アクセスルートマップ
Surigao→Socorroアクセスルート by Google Map
【ルート Routes】

スリガオシティから直行便フェリー
 ┗ 1日1便午前にあるらしい。所要2~3時間。Bucas Grande Island.comによると、11時~12時の間、月~土運行。料金不明

スリガオシティからハヤンガボンポートへ移動、そこからボートでアクセス
 ┗ スリガオシティバスターミナルよりハヤンガボンポート(Hayanggabon port)行きバンに乗り換え。所要1時間半。120ペソ ※外国人だとふっかけられることがあるので同乗者の地元民にあらかじめ金額聞くと良い
 ┗ ハヤンガボンポートから公設ボートに乗り換え約1時間20分。120ペソ ※天候次第でかなり揺れる。船酔い注意
 
スリガオシティからシアルガオ島ダパ港経由でアクセス
 ┗ スリガオシティからシアルガオ(Siargao)島へフェリー数社が取扱い 5:00am/11:00am/11:30am 所要2時間程度 250~320ペソ
 ┗ Siargao島ダパ港(Dapa)からは朝7:00amと昼14:30pmの1日2回 120ペソぐらい
 ┗ SiargaoまではCebuからフライト直行便もある(月・水・金・日) ※北スリガオ州ではシアルガオ島の方が有名なのでアクセス便利

ソコロのまちかどの印象 Socorro Town

フィリピン ミンダナオ ブカスグランデ島 ソコロ Philippines Mindanao Bucas Grande Socorro
Socorroのまち Photo by Mayumi
  • 見ての通り、何もない寂れた田舎のまち(というか漁村)
  • 人口2万人程度の小さな島(宮古島より一回り小さいサイズ)
  • 旅行代理店らしきオフィスは見かけなかった。そのため船やツアーは宿に相談するのがベター
  • スーパー、コンビニなし、港に小さな市場、果物やお菓子などを売るこ汚い商店はちらほら散在
  • 飲食店もほとんどないので食事は宿にお願いするか、パン屋、焼き鳥屋、唐揚げ屋台などでテイクアウトは可能
  • 通信環境が異常に不安定(ホテルのWifiがつながらない、外の方がまだSIM通信がつながる、最大3G)
  • ホテルはソコロのまちに数軒、Booking.comなどで予約可能。ソホトン(Sohoton)国立公園近くにリゾートホテルあり(クラブタラリゾートが有名)
  • Booking.comバナー

  • ネットカフェや映画館など娯楽施設は一切ない
  • 12月~2月はスコールの季節でバケツひっくり返したような大雨が一日に何回か降る(そのたびに道路が泥水であふれる)
  • 移動手段でタクシーはないが、トライシクルはたくさんいる(5~10ペソ)
  • 住民はいい人が多い。皆たいてい親切
  • 港周辺の海岸はゴミが集まっていて濁っている。ちょっと沖合に出ると見違えるほど美しい

ソホトン国立公園の行き方 How to get to Sohoton National Park

フィリピン ブカスグランデ島 ジェリーフィッシュサンクチュアリ Philippines Bucas Grande SohotonNational Park Jellyfish Sanctuary
Sohoton国立公園受付事務所 Photo by Mayumi

ジェリーフィッシュサンクチュアリはソホトン(Sohoton)国立公園内に位置し、入場には許可が必要

<一日の主な流れ>

  1. ソコロ港から海上に浮かぶ国立公園受付事務所へ移動。所要1時間半程度。ボート一台貸切3,500ペソ(約8,000円)withガイド&船長 ※シェアする人がいないとかなり割高
  2. 途中、なぜかBolitas Crystal Caveに立ち寄り。洞窟観賞約30分(入場料20ペソ+洞窟ガイド料30ペソは別途支払)
     ┗ 白い鍾乳石が美しいが、正直、規模も小さく感動には欠ける
  3. 国立公園事務所に到着したらまず受付。ガイドと船長は船で待機
  4. Registrationで記帳(氏名、国籍、性別、フィリピンの電話番号、署名)
  5. 外国人向け料金の現金払い(許可証100ペソ+入場料100ペソ+環境税50ペソ+船の停泊料100ペソ+ライフジャケット代40ペソ+Sohoton Cove Eco Tour代930ペソ=合計1320ペソ(約3,000円))
  6. 事務局受付スタッフより注意事項の説明(英語)
  7. 専用ガイドとボートが用意される
  8. ガイドの案内でまずはエンジンボートにてSohoton Cove Eco Tourへ観光。所要約1時間
  9. 一旦受付事務所に戻り、2人専用の小型ボート(手漕ぎカヌー)に乗り換え(ガイドとはここでお別れ)
  10. カヌーでジェリーフィッシュサンクチュアリへ。所要約1時間
  11. 再び事務所に戻りツアー終了。ツアーの全体所要は約2時間程度
  12. 船でソコロ港へ戻る。その途中寄りたいところはないかとガイドに尋ねられるので適当なビーチでシュノーケリングもOK
     ┗ ただし、船にはシュノーケリングの装備がないのであらかじめ用意が必要
  13. また1時間半かけてソコロ港に帰港
  14. 港には送迎用トライシクルがスタンバイ。宿まで送ってもらう(船代に含まれる)
  15. 宿に着いたら船代3,500ペソ現金一括支払い、終了

【Sohoton Cove Eco Tourの主な内容】

立ち寄るスポットは以下の通り

  • Sohoton Cove/ Sohoton Lagoon…7つの小島に生まれた湾内切っての美しいラグーン
  • Hagukan Cave…干潮時にしか入れない洞窟。入口に差し込む光の反射で水面が緑の光で光り輝く不思議な現象
  • Magkuku-ob Cave…干潮時にしか入れない洞窟。木製の高飛び込み台(約5m)からのダイブが人気
  • Jellyfish Sanctuary…刺さないクラゲの天然プール

この他、Tiktikan Lagoonや Kapihan Nature and Adventure Park、 Magkahuyog and Kanlanok Fallsなどの観光スポットもオプションで加えられるよう

ジェリーフィッシュサンクチュアリ概要 Stingless jellyfish sanctuary

フィリピン ブカスグランデ島 ジェリーフィッシュサンクチュアリ Philippines Bucas Grande SohotonNational Park Jellyfish Sanctuary
Jellyfish Sanctuary in Sohoton National Park Photo by Mayumi
  • 直径20~30mほどのエメラルドグリーンの天然プールに生息
  • 生息する刺さないクラゲはタコクラゲ属のゴールデンジェリーフィッシュ(golden jellyfish:Mastigias sp.)ミズクラゲ属のブルームーンジェリーフィッシュ(Blue moon jellyfish:Aurelia sp.)の2種類
  • ブカスグランデ島のゴールデンジェリーフィッシュはパラオのものに比べて触手が長い
  • ブルームーンジェリーフィッシュはゴールデンジェリーフィッシュに比べ個体数少ない
  • ブルームーンジェリーフィッシュは青色の四つ葉のクローバーマークが特長でかわいい
  • 遊泳可能時期は3月~5月頃、それ以外はプール内での遊泳禁止
  • ベストシーズンは3月~5月、何百万匹ものクラゲたちであふれるそう

 おまけ:刺さないクラゲの楽園サンクチュアリ stingless jellyfish sanctuary in the world

Jellyfish Lake Palau ジェリーフィッシュレイク パラオ
Credit by amanderson2 via flickr CC BY 2.0

世界には刺さないクラゲの楽園が主に3つあるようです

  1. ジェリーフィッシュレイク Jallyfish Lake(パラオ Plau)
     ┗ いちばん規模がでかく、数も多い
  2. カカバンレイク Kakaban Lake(Jellyfish lake)(インドネシア 、ボルネオ島 Borneo,Indonesia)
  3. ジェリーフィッシュサンクチュアリ Jellyfish Sanctuary(フィリピン Philippines)

他にもあるかもしれませんが、規模は小さいのかも(検索で引っかからない)

ブカスグランデ島基本情報 Bucas Grande island info

おすすめ

<島の基本情報 basic info>
  • Municipality of Socorro公式サイト(英語)
     ┗ ただし、HP未完成で情報少なく時々フィリピン語?
  • ソコロ観光局「Socorro Tourism Office Facebook」(英語)
     ┗ どちらかというと島民向け。でも島のイメージが伝わる
  • Bucas Grande Island.com (英語)
     ┗ 公的機関ではなくおそらく民間旅行会社運営。ブカスグランデ島の詳細、アクセス方法分かりやすい。ツアーも取扱い
  • Wikipedia「Sohoton National Park」(ドイツ語)
     ┗ 基本情報のみ。英語サイトがないので翻訳ソフト必要
  • Wikipedia「Bucas Grande」(英語)
     ┗ 島の概要のみ
  • Wikipedia「Socorro, Surigao del Norte」(英語)
     ┗ ソコロの基本情報。情報少ない
  • Wikipedia「Surigao del Norte」(英語)
     ┗ 北スリガオ州に関する基本データが詳細
  • Wikipedia Japan「北スリガオ州」(日本語)
     ┗ 英語より情報少ない。基本情報のみ
<島のガイド・旅行ブログ Travel Guide/ blogs>

刺さないクラゲに関する参考情報一覧 Stingless Jellyfish info

<パラオ・インドネシアのジェリーフィッシュレイクについて Palau and Indonesia Jellyfish lakes>
Rakuten Travel
About tabinomori 481 Articles
地球のふしぎ、世界の絶景をご紹介!旅に役立つお得な情報もお届け! I'll let you know a variety of mystery world and breathtaking views in the world ! I tell you the tips of traveling!