息を呑む金色絨毯!西安古刹・古観音寺の千年銀杏樹に関する情報メモ

中国 西安 古観音禅寺 千年銀杏樹 China Xi'an Guanyin Zen Temple Ginkgo tree
中国千年古刹の一つ・古観音禅寺の千年銀杏樹 Photo by Mayumi

朝晩は涼しくなり、秋めいてきましたね。
となると旅記事の需要は紅葉にかかわるものがおのずと増えてくるの世の理。

というわけで、2015年あたりから日本のネットでもザワついているこの西安古刹の千年銀杏樹ネタについてそろそろお披露目しようかと。

それにしても中国に関して言えば、日本語でのローカルな観光ネタは極端に少ないのが現状。
中国語のサイトは腐るほどあります。旅行好き、中国。口コミ系も、中国人は案外そういうの好きですからノリノリで投稿している。

がしかし、問題は自分の低レベルな中国語スキル。Google翻訳は腰抜かすほどの低精度で全く当てにならない。救いは同じ漢字文化として漢字から受け取れる微妙なニュアンスで少しずつ解読を図る。

そんなわけで、記事執筆に当たり参考にした数少ない情報を以下にまとめまたので、ご興味が出た方は是非ご参考くださいませ。

古観音禅寺の場所

西安中心部から南西に約37km下ったところ。
陝西省南部に横たわる秦嶺山脈の一角、終南山(Zhōng nán shān)の麓に位置する南石村(Nanshicun)にあります。
はっきりいって、ド田舎です。何もないところ。

【交通機関】

現地ツアーはあるかもしれないけれど基本、自力での訪問となる。
タクシーチャーターも可だが、そもそもドライバーが場所を知らないリスクあり。(田舎のタクシーはナビついてないことが多い)
路線バスは、まずGoogle Mapで現在地から古観音禅寺までを検索、そのあと、「西安公交網(西安公共交通)」などで路線バスの詳細を検索するとより確実。

西安 バス検索
西安の路線バス検索サイト「西安公交網

なお、Google Mapのバス停留所はおおむね合っているものの間違っていることも多いので現地の人に尋ねるしかない。

古観音禅寺の基本情報

おすすめ

日本語のネット記事情報


中国語サイトでの検索は簡体字で「古观音禅寺」と入力するとたくさんヒットします。
日本語では「古観音禅寺」でもヒットしますが、似たり寄ったりのニュースサイトですね。

旅行記

・Comapthy「ここはまさに極楽浄土!1000年銀杏樹が織りなす金色の世界
 ┗ 僭越ながら、わたくしの旅行記

※日本語での旅行記はほぼ見つかりませんでした

その他関連情報

  • Wikipedia Japan「太宗 (唐)
     ┗ 古観音禅寺の千年銀杏樹を植えたのは唐の太宗という言い伝え
  • Wikipedia Japan「
     ┗ そもそも唐の時代っていつ?って疑問
  • デジタル大辞泉「終南山
     ┗ 終南山って辞書に載ってるんだ・・・
  • 天使帝国「門神的故事」(中国語)
     ┗ 古観音禅寺に残された故事。唐の太宗と竜王(龍神)との逸話(だと思う)

動画

以上、ご清聴ありがとうございました。




About tabinomori 325 Articles

地球のふしぎ、世界の絶景をご紹介!旅に役立つお得な情報もお届け!
I’ll let you know a variety of mystery world and breathtaking views in the world ! I tell you the tips of traveling!