【SIM Card】ウズベキスタン編 Uzbekistan


今や旅行に欠かせないネット環境

空港やホテルWiFiはタダで便利だけど
移動中こそぜひ利用したいもの

日本からモバイルルーターをレンタルしたり
海外ローミングするのは一見手軽でカンタンですが
中長期になるとバカにならない利用料

本来ならば日本と同じ感覚で現地SIMを購入して
安く手軽に、しかも現地電話番号も入手できたら便利

というわけで、
経験上得た情報をお伝えしたいと思います

不足分の詳細情報は以下の3サイトが参考になります(英語)※料金プラン等は情報古い可能性大

【Uzbekistan SIM Cards Information】
 Uzbek-Travel(旅行代理店サイト):Travel Tips>Internet ←★オススメ
 FANDOM Prepaid Data SIM Card WikiUzbekistan
 finderA visitor’s guide to the best prepaid SIM cards in Uzbekistan

万国共通事項:SIM購入における必要事項 Tips of SIM cards payment

よく心配されるのが
言葉の壁による設定の煩わしさなどがあげられますが

はっきり言って売る側はプロなので
「設定お願いします(Could you activate it?とかset it up for me?など)」言えば(言わなくても)基本全部やってくれます
心配無用

<事前に用意するモノ、情報>

  • パスポート
  • SIMフリーのスマホあるいはiPhone ←これ重要!解除してないと意味ないので要注意
  • 利用したい期間(○日間、1週間、1か月など)
  • 利用したい容量(500MB、1GB、2GBなど)
  • 現地支払通貨(米ドルで対応可の場合もある)

※事前にスマホのLanguage(言語設定)をEnglish(英語)にしてあげるとスムーズで親切

<購入時の確認情報>

  • 料金プラン
  • 電話番号付与の有無
  • アクティベート(ネット開通設定)までしてもらえるかどうか

最近のスマホはSIMカード取り出しに
針のようなものが必要な場合がありますが
それも先方は持っているのでご安心を

ウズベキスタンの主な通信会社 SIM companies in Uzbekistan

ウズベキスタンの大手通信会社は主に以下の4社

  • Ucell(英語) ※日本でいうドコモ的な存在
  • Beeline(ウズベク語 or ロシア語のみ) ※日本でいうソフトバンク的存在
  • UMS(ウズベク語 or ロシア語のみ)
  • Uzmobile(ウズベク語 or ロシア語のみ)

本店支店の所在地やネットワークを調べる時に上記リンクをご利用ください

ウズベキスタンでSIMカード購入するときの注意点 Points for Purchasing SIMs in Uzbekistan

  • タシュケント国際空港および地方空港にもSIMブースはない(2018年9月現在)
  • 外国人がSIMカード購入できるのは各通信会社の場合、本店オフィスのみ
  • 本店オフィスで購入するときには時間がかかる
  • 滞在証明書(レギストラーツィア)を要求されるときもある ※現在不要化されていることも多い
  • ウズベキスタンホテルのロビーでは外国人でも「Beeline」が購入可能

空港で購入できないのでちょっと面倒です

ウズベキスタンホテルでのSIMカード購入 Purchasing SIMs in Hotel Uzbekistan

通信会社の本店オフィスを探すのも
また購入に並ぶのもイヤだったので
タクシー運転手なら誰がも知っている
「ウズベキスタンホテル」で購入することにしました(2018年8月現在)
とっても楽なので流れをご紹介

<ウズベキスタンホテルの所在地 Hotel Uzbekistan Location Map>

ホテルウズベキスタン Hotel Uzbekistan
Hotel Uzbekistan Mayumi

45 Mirzamakhmud Musakhanov Street, Tashkent, Uzbekistan(Amir Timr広場の真ん前
画像クリックするとGoogleMapにジャンプします

Hotel Uzbekistan Location Map
Hotel Uzbekistan Location Map by Google Map

<行き方 Access>
  • 空港からタクシー所要15分(要交渉 ※超ボラれたので相場は不明、おそらく本来は片道3ドルもあれば行ける)
  • 路線バス(空港前から路線バスあり、路線番号は不明)
  • タシュケント駅から地下鉄でアミール・ティムール駅下車、徒歩3分、所要15分くらい ←安くて確実で便利

ホテルウズベキスタン Hotel Uzbekistan
Hotel Uzbekistan 正面玄関 Mayumi

 

<ウズベキスタンホテル内のBeelineブース>

ホテルロビー、レセプション近くにBeelineブースがあります

ホテルウズベキスタン Hotel Uzbekistan
Hotel Uzbekistan Beelineブース Mayumi

<流れ>
  1. 受付のお兄さんは英語ペラペラ
  2. 要望を伝えて料金プラン確認
  3. パスポートとSIMフリースマホを渡す
  4. 料金支払い
  5. アクティベートセッティング
  6. 電話番号の書かれたSIMカードプレート返却
  7. 終わり

所要10分程度
滞在証明書(レギストラーツィア)は不要

ウズベキスタン Uzbekistan SIM Card Beeline
ウズベキスタンのSIMカード「Beeline」 Mayumi
ウズベキスタン Uzbekistan SIM Card Beeline
電話番号書いてくれた(+998はウズベキスタン国番号) Mayumi
<参考:今回購入したプラン>

※2018年8月現在

  • 4G/3G
  • 4GB上限
  • 30日間有効
  • 95,000sm(1400円位)
  • SMS/国内通話は無制限

※念の為、APNは「internet.beeline.uz」、それ以外のAPN設定は不要
※自身でアクティベートする際はコードなどを要確認

Beelineを使ってみた感想 Review for Beeline in Uzbekistan

  • タシュケント、サマルカンド、ヒヴァ、ウルゲンチ、ヌクスなど都市部中心は4Gで比較的通信スムーズ
  • 都市部から郊外に向かうにつれ3G/2Gになる
  • Nukus郊外のカラカルパクスタン共和国などの僻地、山間部などは完全に圏外
  • ヒヴァやウルゲンチ郊外も時々圏外か2G
  • ウルゲンチ⇒サマルカンド、サマルカンド⇒クムクルガンの夜行列車に乗車の際は圏外あるいは2Gが多い
  • Beelineはカザフスタン、キルギスタン、タジキスタンにも展開しているが使えなかった(ローミングすると使えるという噂)

結論としては、都市部を観光するだけなら十分使える、ということでした

参考:ウズベキスタンで使えるSIMおよびルーターに関する情報

 Ucellの購入に関してはこちらの方の情報が参考になります

メモ置き場のブログさんウズベキスタンでプリペイドSIMを使う その2: UcellのプリペイドSIMカードを購入!」(2017/4/24公開)

 日本から事前にSIMを用意したい方には、Amazonから世界80カ国以上で使用できる共通SIMが発売されています

中央アジアはではウズベキスタン以外にカザフスタンもカバー

完全従量課金制で料金プラン自体は割とリーズナブルに設定されていますが
10ユーロ(約約1300円)単位での課金になっており
結果的に残額が無駄になるパターンも少なくないようです
(色んな国で使い続ければ1年間有効)

まぁ、モバイルルーターを借り続けるよりは安上がりかも

 どうしても設定面倒くさい!日本語説明書がいい!という方は割高でもルーターが便利

個人的にはイモトさんを応援しているのと使ったことがあるという点でオススメなのが「海外行くなら!イモトのWiFi



オプションつけなくて数日ぐらいなら5,000円前後で済むかも

例:ウズベキスタン3日間 @1580円×3日間=4,740円(税抜)←最低必要額

おわりに

いつでもどこでもネットにつながれば

Google Mapなどで最新の地図を引き出せて道に迷うことも少ないし
言葉が通じなければ翻訳ソフトをうまく使えるし
どこが見どころでどこが美味しいレストランか、行き方、評価は…などなど
知りたいことを瞬時に手元で調べられるのは
旅の満足度を大きく左右します

ぜひ臆せず、できれば現地SIM購入で
安くて手軽にネットが楽しめる環境を手に入れてください

ご清聴、ありがとうございました