外貨両替比較~US$両替はどこがお得か徹底調査(2017年12月版)

観光であれビジネスであれ
旅行者なら必ず気がかりな外貨両替

わたしの場合、いつもFX取引の「マネーパートナーズ」を通して
外貨両替(ドル空港受取)しているのですが
今回両替するにあたりかねてから気になっていた両替事情を調べてみました

100円、200円程度の差なら空港両替が手っ取り早いですが
金額が大きくなるほどバカにできない為替差損とその他手数料

ずいぶん細かくなってしまったので、
時間のない方はすっ飛ばして
ページ末尾の総論だけでもご覧いただければ参考になるかと

なお、調査概要はページ末尾に示してありますが
以下の点だけあらかじめご確認ください

今回は日本円からUSドルへの両替のみ
両替はUS$1,000/700/500かつ銀行振込手数料有無の各3パターン
両替パターンをUS$1,000/700/500としたのは各社送料無料となる最低額が基準
2017年12月26日15時頃の実勢レート(US$1=113.3)に基づきます

1.外貨両替手数料比較~US$1,000両替かつ銀行振込無料の場合

ベスト1位 外貨マネーバンク 2位 Exchangers 3位 マネーパートナーズ
ワースト1位 JTBの外貨両替 2位 みずほ銀行窓口 3位 大黒屋
【ベスト1位とワースト1位の差】US$1=▲2.81円の為替差(US$1000に対して2,810円の差)

金融機関名レート手数料単価手数料合計事務手数料銀行振込配送料コスト合計実質レート
マネーパートナーズ113.500.2020050000700114.0
外貨マネーバンク113.810.51510000510113.81
Exchangers113.990.69690000690113.99
外貨両替ドルユーロ115.101.801,8000001,800115.10
大黒屋115.402.102,100007002,800116.10
GPA外貨両替専門店115.872.572,5700002,570115.87
トラベレックス116.072.772,7700002,770116.07
JTBの外貨両替116.623.323,3200003,320116.62
みずほ銀行窓口116.403.103,10003,100116.40

2.外貨両替手数料比較~US$700両替かつ銀行振込無料の場合

※取引額10万未満で外貨両替ドルユーロとトラベレックスの配送料発生
ベスト1位 外貨マネーバンク 2位 Exchangers 3位 マネーパートナーズ
ワースト1位 トラベレックス 2位 JTBの外貨両替 3位 みずほ銀行窓口/大黒屋
【ベスト1位とワースト1位の差】US$1=▲3.28円の為替差(US$700に対して2,582円の差)

金融機関名レート手数料単価手数料合計事務手数料銀行振込配送料コスト合計実質レート
マネーパートナーズ113.50.2014050000640114.21
外貨マネーバンク113.810.51357000357113.81
Exchangers113.990.69483000483113.99
外貨両替ドルユーロ115.11.801,260004001,660115.67
大黒屋115.42.11,470007002,170116.40
GPA外貨両替専門店115.872.571,7990001,799115.87
トラベレックス116.072.771,939001,0002,939117.50
JTBの外貨両替116.623.322,3240002,324116.62
みずほ銀行窓口116.43.102,17002,170116.40

3.外貨両替手数料比較~US$500両替かつ銀行振込無料の場合

※外貨マネーバンクは7万円未満の外貨宅配は取扱対象外
※Exchangersは7万円未満の取引で配送料発生

ベスト1位 マネーパートナーズ 2位 Exchangers 3位 GPA外貨両替専門店
ワースト1位 トラベレックス 2位 大黒屋 3位 JTBの外貨両替
【ベスト1位とワースト1位の差】US$1=▲3.57円の為替差(US$500に対して1,785円の差)

金融機関名レート手数料単価手数料合計事務手数料銀行振込配送料コスト合計実質レート
マネーパートナーズ113.500.2010050000600114.50
外貨マネーバンク
Exchangers113.990.6934500500845114.99
外貨両替ドルユーロ115.101.80900004001,300115.90
大黒屋115.402.101,050007001,750116.80
GPA外貨両替専門店115.872.571,2850001,285115.87
トラベレックス116.072.771,385001,0002,385118.07
JTBの外貨両替116.623.321,6600001,660116.62
みずほ銀行窓口116.403.101,55001,550116.40

4.外貨両替手数料比較~US$1,000両替かつ銀行振込有料の場合

※銀行振込手数料は大手都市銀行における一般的な他行宛ATM振込手数料を使用
ベスト1位 マネーパートナーズ 2位 外貨マネーバンク 3位 Exchangers
ワースト1位 JTBの外貨両替 2位 大黒屋 3位 トラベレックス
【ベスト1位とワースト1位の差】US$1=▲2.62円の為替差(US$1000に対して2,620円の差)

金融機関名レート手数料単価手数料合計事務手数料銀行振込配送料コスト合計実質レート
マネーパートナーズ113.50.220050000700114.00
外貨マネーバンク113.810.5151004320942114.24
Exchangers113.990.69690043201,122114.42
外貨両替ドルユーロ115.11.81,800043202,232115.53
大黒屋115.42.12,10004327003,232116.53
GPA外貨両替専門店115.872.572,570002,570115.87
トラベレックス116.072.772,770043203,202116.50
JTBの外貨両替116.623.323,320003,320116.62
みずほ銀行窓口116.43.13,10003,100116.40

5.外貨両替手数料比較~US$700両替かつ銀行振込有料の場合

※取引額10万未満で外貨両替ドルユーロとトラベレックスの配送料発生
ベスト1位 マネーパートナーズ 2位 外貨マネーバンク 3位 Exchangers
ワースト1位 トラベレックス 2位 大黒屋 3位 JTBの外貨両替
【ベスト1位とワースト1位の差】US$1=▲3.90円の為替差(US$700に対して2,731円の差)

金融機関名レート手数料単価手数料合計事務手数料銀行振込配送料コスト合計実質レート
マネーパートナーズ113.500.2014050000640114.21
外貨マネーバンク113.810.5135704320789114.43
Exchangers113.990.6948304320915114.61
外貨両替ドルユーロ115.101.801,26004324002,092116.29
大黒屋115.402.101,47004327002,602117.02
GPA外貨両替専門店115.872.571,799001,799115.87
トラベレックス116.072.771,93904321,0003,371118.12
JTBの外貨両替116.623.322,324002,324116.62
みずほ銀行窓口116.403.102,17002,170116.40

6.外貨両替手数料比較~US$500両替かつ銀行振込有料の場合

※外貨マネーバンクは7万円未満の外貨宅配は取扱対象外
※Exchangersは7万円未満の取引で配送料発生

ベスト1位 マネーパートナーズ 2位 Exchangers 3位 GPA外貨両替専門店
ワースト1位 トラベレックス 2位 大黒屋 3位 外貨両替ドルユーロ
【ベスト1位とワースト1位の差】US$1=▲4.43円の為替差(US$500に対して2,217円の差)

金融機関名レート手数料単価手数料合計事務手数料銀行振込配送料コスト合計実質レート
マネーパートナーズ113.500.2010050000600114.50
外貨マネーバンク
Exchangers113.990.6934504325001,277115.85
外貨両替ドルユーロ115.101.8090004324001,732116.76
大黒屋115.402.101,05004327002,182117.66
GPA外貨両替専門店115.872.571,285001,285115.87
トラベレックス116.072.771,38504321,0002,817118.93
JTBの外貨両替116.623.321,660001,660116.62
みずほ銀行窓口116.403.101,55001,550116.40

外貨両替手数料比較 1~6の中間まとめ

  • 両替は総じて10万円以上がお得(配送料が発生しにくい)
  • 逆に10万円を下回る配送料がコストを圧迫して割高
  • マネーパートナーズは多少手間がかかる分、安定したコスト安
  • 銀行振込手数料が無料になる場合、オンライン両替に特化した外貨マネーバンク」「Exchangers」がお得
  • 銀行振込手数料が発生する場合、オンライン両替のお得感が薄れる
  • 銀行振込手数料および配送料発生、かつ少額取引の場合は、銀行窓口が比較的お得
  • 概して大手私設両替所のレートはかなり悪い

 
単純に手数料だけではなく、各社の外貨両替取引条件を確認することも大事です
 

7.外貨両替条件一覧~手数料から取引上限額

金融機関名受取場所手数料(円)事務手数料支払方法取引
銀行振込代引カード下限上限
マネーパートナーズ空港0.2500不可なしUS$2000
外貨マネーバンク配送0.510顧客負担800円不可7万円200万円/回
100万円/代引 ※2
Exchangers配送0.690顧客負担390円※1不可1万円なし
外貨両替ドルユーロ配送1.80顧客負担700円不可なしなし※3
大黒屋配送2.10顧客負担不可不可なし30万円/日
GPA外貨両替専門店配送2.570不可無料不可3万円30万円/回、100万円/日
トラベレックス配送2.770顧客負担不可3万円30万円/回、60万円/日、150万円/月
JTBの外貨両替配送3.320不可不可3万円10万円
みずほ銀行窓口空港3.10なし100万円

※1…5万円未満のみ
※2…200万円以上は要電話確認かつ身分証必須
※3…100万円以上は銀行振込のみ、200万円以上は身分証必須

8.外貨両替条件一覧~配送関連から振込関連まで

金融機関名送料配送目安取引時間振込期限振込先
マネーパートナーズ
16時まで4~11日前三井住友、楽天、JNB、みずほ、ゆうちょ、三菱東京UFJ、住信SBI、ソニー
外貨マネーバンク送料無料1~2日24時間注文&振込:14時楽天、JNB、ゆうちょ、住信SBI
Exchangers7万円未満一律500円
7万円以上送料無料
1~2日24時間注文:13時
振込:15時
ゆうちょ、他行
外貨両替ドルユーロ10万円未満一律400円
10万円以上送料無料
1~2日24時間注文&振込:15時三菱東京UFJ、楽天、ゆうちょ
大黒屋一律700円1~2日平日11時~14時注文:11時~14時半
振込:15時
みずほ、ゆうちょ
GPA外貨両替専門店
1~2日24時間代引のみ
トラベレックス10万円未満一律1000円
10万円以上送料無料
1~14日以内(配達日指定可)24時間注文:14時
振込:14時
三井住友、他行
JTBの外貨両替送料無料1~2日JTBの営業時間に準ずる即時決済
みずほ銀行窓口
24時間

9.外貨両替条件一覧~その他

金融機関名レート更新会員登録キャンセル券種選択空港・店舗
マネーパートナーズ随時必須依頼確定日16時まで$100、$500、$1000パック空港(成田、羽田、関空、中部
外貨マネーバンク随時不要不可通常/高額店舗(東京六本木
Exchangers随時不要振込期限過ぎたら自動キャンセルおまかせ/高額紙幣を多めに/少額紙幣を多め店舗(全国7カ所
外貨両替ドルユーロ随時不要不可指定可店舗(東京南青山
大黒屋11時不要振込期限過ぎたら自動キャンセル指定可全国取扱店舗
GPA外貨両替専門店11時不要不可指定可成田空港T1-4階
トラベレックス10時前後不要2000円指定不可空港/店舗
JTBの外貨両替11時不要不可指定不可空港/店舗
みずほ銀行窓口11時不要
指定不可空港/店舗

外貨両替手数料比較 総論

  • 旅行や出張までに時間的余裕があるなら、オンライン両替が手軽で安くて便利で断然オススメ
     ┗ 配達所要日数は大体1~2日なので振込確認や不在による再配達を考慮しても1週間もあれば十分
  • 時間的余裕がない・オンライン取引苦手なら、空港での銀行窓口がおすすめ
     ┗ 市中銀行や私設両替所でもOKだが、そこに赴く労力と交通費を考えたら出発空港で両替した方が割安
  • FX口座開設や両替手続きが面倒でないなら、安定的にコストが安い「マネーパートナーズ」がおすすめ(ただし月上限20万までに限る)
     ┗ FX口座開設は外貨両替のためだけでもOK。FX取引は興味がなければする必要はない。両替手続きがやや煩雑なのが難点だが1回やると慣れる
  • 少額取引を希望するなら、銀行振込手数料が発生するか、配送料が発生するかが鍵
     ┗ いずれも発生するなら市中銀行の方が安い場合もあるので注意
  • 100万円~200万円以上の高額両替はオンライン両替に向かない⇒店舗へ直接申込
     ┗ まぁ、それだけ高額両替する人物なら手数料ごときに焼きもきはしないでしょうが
【両替チェックポイント】

取引額10万円以上か
配送料が発生するか否か
銀行振込手数料が発生するか否か

※ネットバンキングの利用などで銀行振込手数料が上記より抑えられたら割高感薄れる可能性あり
※大手私設両替所も店頭レートはもう少しいい可能性あり
※未調査の私設両替所はレートがいい可能性もある(ただし、交通費等考えたらあまり賢明ではない)
※みずほ銀行は市中にある外貨両替ショップ東京対象店舗での店頭取扱に限りUS$1につき30銭割引なので若干お得

<個人的にマネーパートナーズを利用している理由>

もう10年近く利用しているメリットは以下のとおり

  • 約定レートが自分で決められる
     ┗ FXは基本的に24時間動いているので円高のタイミングである程度約定しておけば、旅行近くになったときに必要な分だけ空港受取手続きすればよいので便利
  • 手数料が激安
     ┗ 為替手数料も少額で事務手数料はわずか500円。今でこそ外貨マネーバンクのようなオンライン激安サービスが出ているが、サービス開始当初は革命的な安さだった
  • 空港で出発の時に受取り可能
     ┗ 早朝過ぎると事務所が開いていないが、通常は行きがけに立ち寄って受け取れるので便利(もしくは帰国のタイミングで受取ることもあり)

もちろんデメリットもあります

  • 手続きがやや面倒
     ┗ 入金画面、外貨両替の画面、空港受取手続きの画面が別々で時間が経つとやり方忘れる
     ┗ でもマニュアル見れば思い出す程度
     ┗ まず両替資金を入れるところからつまづく(事務手数料500円も含めて入れないといけない)
  • 受取スケジュールがタイト
     ┗ 受取希望日から遡って4~11日以内に確実に申込みをしないと受け取れない(うっかり期日を逃すとアウト)
  • LCCのような成田空港利用で早朝深夜便の場合は営業時間に間に合わない
     ┗ 関西・羽田はわりと早朝から(5時45分か6時)か深夜23時頃まで開いているが成田は9時~18時なので不便
  • 1か月の両替受取回数は1回きり、上限はUS$2,000までなので長期旅行で大口入用の時は不便
     ┗ しかし最近は海外キャッシングが多いので現金はそれほど持ち歩かず、支障はない

などです

マネーパートナーズの両替フローはまた別の機会にご紹介予定
(最近、当該サイトの両替ページがリニューアルして若干手続きの流れが分かりづらくなったので整理します)

正直、こんなにいろいろお得なサービスが出ていることに衝撃でした

せっかくなので次回は別の手段を試してみようと思います
(でもトラベレックスとJTBと大黒屋はやめときます)

ご清聴ありがとうございました

【調査概要】
【調査目的】外貨両替におけるお得度調査~どんなケースの場合どこが一番お得かを考察
【調査方法】
調査対象:検索上位にヒットする以下の外貨両替取扱金融機関9社を対象
【FX】マネーパートナーズ
【宅配】外貨マネーバンク
【宅配】Exchangers
【宅配】外貨両替ドルユーロ
【宅配】大黒屋
【宅配】GPA外貨両替専門店
【宅配】トラベレックス
【宅配】JTBの外貨両替
【窓口】みずほ銀行窓口
:注意事項
 ・FXでの外貨両替には「現受け」の手法もありますが、現受け手数料が格安でも送金手数料(FX社に支払う送金のための事務手数料)やリフティングチャージ(送金先銀行に支払う着金処理の事務手数料みたいなもの)が高いうえ、送金先銀行に外貨預金口座がある前提なので、旅行程度の少額両替には不向きと判断し本調査では対象外としました
 ・本調査は簡易調査のため、私設両替所やトラベレックスおよび大黒屋の両替店舗は対象外としました
 ・銀行はもっともポピュラーで空港に支店があり、外国為替公示レートが取得しやすいみずほ銀行を採用しました
 ★みずほ銀行の過去の公示レートは⇒【こちら
調査時期:2017年12月26日(火)15時頃
調査時の実勢レート:US$1=113.3
 ※厳密には113.28~31あたりで動いてましたが間をとってUS$=113.3とします
調査手法:各社HPを活用した調査
項目1.調査時期における各社表示レートと実勢レートとの為替差による手数料概算
※多少の誤差はご了承ください
 ・マネーパートナーズは15時頃の大体の買いレート
 ・外貨マネーバンク、Exchangers、外貨両替ドルユーロは15時頃のタイミングで各社HP上に表示されたレート
 ・大黒屋、GPA外貨両替専門店、JTBの外貨両替は各社HP上に当日11時更新で掲載されたレート
 ・みずほ銀行は調査当日の公示レート仲値(TTM)に手数料3円を上乗せしたもの
項目2.その他コストの比較
 ┗ 事務手数料、配送料追加による総コストと実質レート算出および比較
項目3.各社の取引条件の比較
 ┗ レート更新のタイミングや取引額の上限、振込内容など各社特徴や取引条件の比較

 

【参考:FXにおける現受けでの外貨両替取引について】
以下のブロガーさんの記事がとても参考になるのでご紹介(わたし自身は未経験) FX取引についてある程度理解している前提で書かれているので要注意 MANESTO(マネスト)「【6社徹底比較】FXで外貨両替したいならココを見ろ!外貨両替にかかる手数料を徹底比較!」(2015/03/25公開)  ┗ 2年以上前の記事なので手数料等の情報が古いですが比較は分かりやすい 索楽さん「【外貨両替】マネーパートナーズの現受けと両替取引どちらが得か」(2017/07/30更新)  ┗ マネーパートナーズでの現受け方法と両替のメリット・デメリットを丁寧に解説
旅のパーツが14000件以上!オプショナルツアー予約サイト「VELTRA(ベルトラ)」
Rakuten Travel
About tabinomori 376 Articles
地球のふしぎ、世界の絶景をご紹介!旅に役立つお得な情報もお届け! I'll let you know a variety of mystery world and breathtaking views in the world ! I tell you the tips of traveling!