旅メシ~海外編

New!

わたしの場合、旅メシは屋台飯(買い食い)が基本で
次に地元の人が集まる大衆食堂、
誰もが知る人気のレストランはネタとして時々訪れる程度

というわけで、
はっきり言って女子力なんてかけらもない
インスタ映えとは程遠いわたしの旅メシワールドですが

“これぞ地域密着のソウルフード!”という
現地の方々が実際に食する料理を知っていただけたらと思います

なお、わたしは鉄の胃を持っています
真似する場合は自己責任で。。。

File 012 イル・オ・セルフ半日ツアーでゴージャスランチ(モーリシャス Mauritius)

美しきビーチをたとえて
「東洋の貴婦人」という異名を持つモーリシャス

その中でも欧州セレブに絶大な人気を誇るのが
「イル・オ・セルフ Ile Aux Cerf」
飛びきり透明度の高い遠浅のビーチが続く無人島

せっかくなので半日ツアーに参加
そこでいただいたランチコースが
想定外にゴージャスだった…

メインに出てきたガーリックバターのロブスター
付け合わせにグリルチキン

モーリシャス イルオセルフ Mauritius Ile Aux Cerfs
Ile Aux Cerfのデイツアーランチのコースにロブスター! Photo by Mayumi

メインが終わったかと思ったら
豚のリブステーキも出てきた
程よく脂が落ち、旨い

モーリシャス イルオセルフ Mauritius Ile Aux Cerfs
ジューシーなリブロース Photo by Mayumi

コースの中で個人的に大絶賛だったのが
左上のフランスパン

モーリシャスはフランス植民地だったので
フランス文化も根付いている

ゆえにフランスパンも本格的

これが人生で一番旨いと思う、フランスパンだった
バターがしっかり染み込み
外はサクッなかはふんわり
絶妙な食感で、噛めば噛むほど小麦の味が甘い

思わずお代わりして、気づいたら1本ぐらい食べていた(汗)
それぐらい、絶品

モーリシャス イルオセルフ Mauritius Ile Aux Cerfs
このフランスパンが超絶旨い! Photo by Mayumi

ランチはこの美しいビーチを前にして
パラソルを立て、テーブルを広げる

最高の贅沢だ

モーリシャス イルオセルフ Mauritius Ile Aux Cerfs
目の前はこんなビーチ! Photo by Mayumi

ランチコースと名物の滝見物と
半日ビーチでフリータイムと
モーリシャス本島とイル・オ・セルフ送迎付きで
約5,000円

安くはないけど高くもなく
内容にしたら価値以上

おすすめしたい

File 011 灼熱地獄のダナキル砂漠でいただいたツアー飯(エチオピア Ethiopia)

世界でもっとも危険なツアーとの悪評高いダナキル砂漠ツアー

特に真夏に行くのは自殺行為というぐらい
体感50℃を超える信じられない暑さで

普段あまり水分を摂らないわたしですら
毎日地獄なほど喉が渇いた

さて、そんなツアーでいただいたツアー飯は
意外にも美味しく毎日献立が違っていた

右に写っているゾウキンみたいな食べ物が
世界一まずいと噂のインジェラ

若干すっぱめの厚いクレープみたいな食感
言うほどまずくはなかった

エチオピア ダナキル砂漠, Ethiopia Danakil dessert
ツアー食事風景なかなかバラエティ豊富 Photo by Mayumi

パン、スクランブルエッグ、そしてフライドポテトとか
定番で地味だけど
おかわりしてしまうほど意外にもうまい

エチオピア ダナキル砂漠, Ethiopia Danakil dessert
ポテト料理は大め Photo by Mayumi

利用したツアー会社は
ツアー客の感想をもとに
日々改善を重ねているらしい、企業の鑑

日本人の利用が多いので
味付けもわりと日本人好みになっている

エチオピア ダナキル砂漠, Ethiopia Danakil dessert
ツアー食事風景 Photo by Mayumi

外は47℃という灼熱地獄の中で
ランチに寄ったレストランで買ったビールが
想定外にキンキン冷えていて
あれほど「く~生き返る!」とCM張りに感動したのは久々

エチオピア ダナキル砂漠, Ethiopia Danakil dessert
キンキンに冷えたビールPhoto by Mayumi

ダナキル砂漠は8月9月に行くもんじゃありません

File 010 極寒の地・冬のバイカル湖特産オームリ魚料理とウォッカ(ロシア Russia)

しばれる極寒のバイカル湖

バイカル湖の名物と言えば
「オームリ」というサケ科の淡水魚で
イルクーツクでもスーパーでよく見かける大衆魚

これはドライブインでいただいたオームリ料理
オイルサーディンのように塩が効いて
コショウを付けていただく

身がコリコリ歯ごたえあって
まるで鯛の刺身みたいでなかなか美味

ロシア バイカル湖 イルクーツク Russia Lake Baikal Irkutsk
バイカル湖名物・オームリ

さらにロシアと言えばこのボルシチ
酸味が聞いた赤いビーツの野菜のスープ

といいつつ、このツアー参加するまで
ボルシチなんて名前しか聞いたことなかった

水餃子みたいなのも一応ロシア名物らしい
ペリメニという
ジューシーさがないチベタン・モモに似ている

ロシア バイカル湖 イルクーツク Russia Lake Baikal Irkutsk
ロシア名物ボルシチとペリメニという水餃子

宿の夕飯オームリ定食

オームリは淡泊な白身魚のようで
実にうまい

マッシュポテトは主食ではない
付け合わせ
主食は黒パン

というわけでなかなかボリューミィ

ロシア バイカル湖 イルクーツク Russia Lake Baikal Irkutsk
オームリのフライ定食

御神渡りツアーで
氷上で焚火を起こしてランチ用のオームリ野菜スープを煮込み

その傍らでウォッカでカンパーイ!

ロシア バイカル湖 イルクーツク Russia Lake Baikal Irkutsk
40度のウォッカはキク~

40度のウオッカは
冷えたからだをあっためてくれます

File 009 中東のパンといえば、これ(イラン Iran)

イランシラーズを訪れたとき、
まちの至る所で目にするトルティーヤみたいな薄焼きパン
イラン版はボツボツした網焼き模様が特徴

「ホブス」という名前かと思っていたら
違うようです(ラヴァッシュだか…不明)

かみしめると素朴な甘みが広がり
なかなか美味しい

通常は総菜や野菜、チーズやオリーブなどとからめていただく
(わたしは機内食の残りと一緒にいただいた)

イラン 料理 薄焼きパン Iran Flat Bread
トルティーヤみたいな薄焼きパン Photo by Mayumi

わたしが訪れたのはシラーズですが

シラーズのまちは意外に食べるところがない
そしてよくある屋台も少ない

比較的よく見かけた屋台飯は
フライドポテトがてんこ盛りの
ジャンキーだけどシンプルなホッドドッグやハンバーガー

イラン 料理 ホットドッグ Iran Hotdogs
Photo by Mayumi

そしてフレッシュジューススタンドもよく見かけた
ビビッドなカラーのフルーツシェーキに
さわやかなジェラート入り

実に美味、確か値段も安い

イラン 料理 シェーク Iran Shakes
フルーツシェーキPhoto by Mayumi

おまけ

シラーズのまちをフラッと歩いていたら
今では割とよく見かける
パラソルストリートがあった
なかなかおしゃれ

イラン Iran Shopstreet
Photo by Mayumi

食べ歩きしていると
もれなく市民からガン見され話しかけられるので
驚かないように
(でも大抵みんないい人)

File 008 コロンビアの定番ランチスープ「サンコッチョ」(コロンビア Colombia)

4年前コロンビアを訪れたとき、
これがこの国で定番ランチだと勧められた
「サンコッチョ Sancocho」

鶏肉、キャッサバ(サツマイモみたいな野菜)
食用バナナに味の薄いトウモロコシ
ニンジンなどの具沢山スープ

正直、美味しかったという記憶がない
(が、まずいという記憶もない)

ただ、
「時々ヤバイ鶏肉を平気で使うことがあるから気を付けて」
とガイドさんが臭いを嗅いでいたのを妙に覚えている

Sancocho サンコッチョ コロンビア料理
コロンビアでは定番のサンコッチョ Sancocho(スープ)

そして付け合わせの
ご飯とアボカドに食用焼きバナナ、蒸かしジャガイモ

炭水化物のオンパレード
さすがアンデスの国

どれもお腹にたまって重たい
確か、食べきれず残した

コロンビア料理
付け合わせのランチメニュー

暑かったのでジュースをいただく
なみなみとつがれたジョッキジュース

この泡立ち、なんだろう?
レモネード?まったく覚えていない

コロンビア料理
何かのジュース

まぁ覚えていないということは
可もなく不可もなくなんでしょう

コロンビアの食事は良くも悪くもなぜか印象が薄いです

File 007 シリアでもてなされた夕食・朝食(シリア Areppo,Syria)

今から10年も前です
シリアのアレッポをひとり旅したときに
スーク(市場)で知り合ったおじさん宅に招かれました

その時もてなされた食事がこれ

シリア アレッポ Syria Areppo
シリアの一般家庭の夕飯

貧しい家庭だったようで
精一杯のもてなしがこんな感じのようでした

ホブスという薄いクレープみたいなパンに
豆をすり潰したような総菜が一つ
ミニキュウリ2個
ミニトマト1個

そして朝ごはん、大して変わらず
まぁ、もてなされるだけありがたい

シリア アレッポ Syria Areppo
朝食

と思っていたら
この家族、いろいろ大変でした

おやじはエロオヤジだし
かみさんはお金たかるし 
子どもたちはモノをねだるし

シリア アレッポ Syria Areppo
お世話になったお宅

それでも、
一宿一飯お世話になった家族
安否が心配です

File 006 トルコ名物サバサンド(イスタンブール Istanbul, Turkey)

トルコと言えばサバサンド

このB級グルメはなかなか極上
ボリューミィだし、
とにかく噂にたがわず旨い
(10年前なので値段忘れた)

トルコ サバサンド Turkey
トルコ名物のB級グルメ・サバサンド mackerel Sandwitch

ヨーロッパとアジアをつなぐ
ガラタ橋周辺にしかないということで
わざわざ赴いた

屋台がいっぱい出ていた

トルコ サバサンド Turkey
ガラタ橋のサババーベキュー

この橋が、
ヨーロッパをつなぐなんて
ロマンだなぁ・・・

トルコ サバサンド Turkey
ガラタ橋

トルコ料理は
世界三大料理に並べられる料理

どれも大体美味しいよね!

File 005 バンコクの美味しい屋台飯(バンコク Bangkok, Thailand)

庶民の財布にやさしい屋台飯天国・タイ
安くて早くて旨い、最高の王国です

今回の屋台飯は
ビクトリーモニュメント近くの屋台でいただいた
カオマンガイ(海南鶏飯)(THB40=約140円)

チキンのダシが染み込んだ米飯は旨かった~

タイ バンコク 屋台飯 Thailand Bangkok Food
カオマンガイ 海南鶏飯 Chicken Rice Photo by Mayumi

これはどっかのフードコートでテイクアウトした
プリプリ大エビ入りトムヤンクンスープ(THB60=約205円)

タイ バンコク 屋台飯 Thailand Bangkok Food
トムヤンクンスープ Tom yum goong Soup

タイでは定番フレッシュジュース
これはさっぱりアップルヨーグルト味(THB40=約140円)

タイ バンコク 屋台飯 Thailand Bangkok Food
アップルヨーグルトジュース Apple yoghurt juice

極めつけはやっぱり地ビール
「シンハビール Singha Beer」(THB39=約135円)でしょう

とても飲みやすいですよね

タイ バンコク 屋台飯 Thailand Bangkok Food
シンハビール Singha Beer Photo by Mayumi

タイの美味しい屋台飯
まだまだありますよ~

File 004 タージマハル周辺の安宿街で買った屋台飯の衝撃サンドイッチ(インド Near Taj Mahal,India)

インド・タージマハル南門近くの安宿に泊まった際
宿の近くで営業していた屋台飯を実食

屋台飯というか
ややオイリーな目玉焼きに
野菜炒めのようなものを食パンに挟んだだけの
実に素朴なサンドイッチ
確か数十円の品

油ヤバそうだったけど
お腹は大丈夫だった

インド タージマハル 屋台飯 India Taj Mahal Food
一見素朴な目玉焼きのサンドイッチ

衝撃なのはその器

なんと、何かの葉っぱで器用に皿に加工されている
究極のエコだ

インド タージマハル 屋台飯 India Taj Mahal Food
衝撃のリーフプレート(葉っぱのお皿)

ちなみに泊った宿の前の風景

朝、おびただしい猿がのさばっていた
いやそれ以前に、この風景ヤバイ?

インド タージマハル 屋台飯 India Taj Mahal Food
泊った安宿前の朝の衝撃映像

余談

鉄の胃を持つわたしが
この安宿の洗面所の水で歯を磨いたせいで
胃をやられました
(お腹は下さないけど胃がシクシクが1週間続いた)

フィリピンでも南米でもアフリカでも大丈夫だったのに

インド、水質汚染最強伝説

File 003 まちかどの屋台飯屋のアツアツ小籠包(上海 Shanghai,China)

上海の南浦大橋近くの名もなき屋台飯屋で買った
アツアツ焼き小籠包

大粒4個で確か10元ほど(約170円)

肉汁ジューシーで香ばしく
めちゃ美味しかった・・・

中国 上海 小籠包 China Shanghai Xiaolongpao
街角の小籠包屋にて Photo by Mayumi

人気店みたいで
早朝続々売れていた
美味しそうな匂いと煙が立ち込めていた

中国 上海 小籠包 China Shanghai Xiaolongpao
完全に住宅街の一角にあった焼き小籠包屋 Photo by Mayumi

日本で買ったら倍以上するよね
やっぱり中華は本場に限る

File 002 フィリピン人のソウルフード Jollibee(ジョリビー)のハロハロとハンバーガー(フィリピン Philippines)

アメリカ人のソウルフードがマクドナルドのように
フィリピン人のソウルフードは「ジョリビー(Jollibee)」だ

「Jolly(機嫌のよい、陽気な)」に「Bee(蜂)」な造語
陽気なフィリピン人らしいネーミング

フィリピンではマックよりケンタッキーより
ジョリビーが圧倒的人気を誇る
とにかくどこに行ってもジョリビーがある

フィリピン人の生活になくてはならない
心の友のジャンクフードなのだ

ジョリビー Jollibee
猫もぞっこんスリスリのJollibee in Philippines Photo by Mayumi

フィリピン人の定番人気デザートは
「ハロハロ(HaloHalo)」というかき氷

ハロハロはタガログ語で「ごちゃまぜ」という意味らしい

その通りに何でもかんでもトッピングされている

ウベ(紫芋)アイスの練乳ソース掛け、
毒々しい色したゼラチンゼリー
バナナやパイナップルなどのカットフルーツ
タピオカやココナッツ
お米フレークなどなど

激ウマではないけど、正直味はそこそこ

ジョリビー Jollibee HaloHalo
ジョリビーのハロハロHaloHalo Photo by Mayumi

そうして
わたしにしては珍しくセットメニューをオーダーした

オーダーしたのはこれ

ジョリビー Jollibee Menu
ジョリビーのHaloHalo×ハンバーガーセット Photo by Mayumi

「アドボフレークバーガー」59ペソ(約126円)

アドボはフィリピンの国民食で
濃厚なソースに付け込まれた肉料理

そして出てきたハンバーガーはこれ

ジョリビー Jollibee ハンバーガー
ジョリビーのハンバーガー Photo by Mayumi

おいまてちょっと詐欺レベルかと思ったが
でも誰も何も文句言わない気にしない

そんな小さなこと気にするのは日本人ぐらい

でも味はまぁそこそこ

ちなみに、
通常ジョリビーでオーダーするときは
ほとんどの人がライスを一緒に購入します

モスのライスバーガーの具がない感じ
それに特製ソースを絡めていただくのが定番

お米好きが徹底したフィリピーノ
なら何故ライスバーガーメニューを開発しないのかは不明

File 001 マンゴー Mangos(フィリピン Philippines)

ソウルフードではないですが、
やはり触れておきたいフィリピンならではのフルーツの王様マンゴー

ディビゾリアやバクラランなどの
低所得者向けマーケットで売られるマンゴーは

黄色の小さめ完熟マンゴーは10個でおよそ80ペソ(約170円)
緑のアップルマンゴーは6~7個で40ペソ(約86円)が相場

日本で食べたら1個何百円もするマンゴー
フィリピン滞在中はほぼ毎日贅沢に食べてました

黄色のマンゴーの方が価格高めです
やわらかく、甘さも濃厚

フィリピンマンゴー Philippines Mangos
フィリピンマンゴーPhilippines Mangos Photo by Mayumi

特大サイズ(長さ12~13cm)になると
1個40ペソ(約70円)ぐらいになります

安納芋みたい・・・

フィリピンマンゴー Philippines Mangos
フィリピンマンゴー特大Philippines Mangos Photo by Mayumi

一方、
緑色のアップルマンゴー(インディアンマンゴー?)は
実が固く甘酸っぱさが特徴で

黄色の完熟マンゴーよりもだいぶ安い

フィリピンアップルマンゴー Philippines Apple Mangos
アップルマンゴーPhilippines Apple Mangos Photo by Mayumi

街中では売り子のおばさん、おっちゃんらが
カットしてビニール袋に入れて売っている

現地の人はそれを塩と海鮮エキスと唐辛子の入った
独特の調味料を付けて食べるのが定番

わたしは苦手でそのままいただいていた

フィリピンアップルマンゴー Philippines Apples Mangos
アップルマンゴーPhilippines Apple Mangos 剥いてくれるPhoto by Mayumi

マンゴー天国のフィリピンです


Rakuten Travel
About tabinomori 389 Articles
地球のふしぎ、世界の絶景をご紹介!旅に役立つお得な情報もお届け! I'll let you know a variety of mystery world and breathtaking views in the world ! I tell you the tips of traveling!